捕鯨問題と反捕鯨活動に関する年表


2007/02/09  調査捕鯨母船「日新丸」にSS船2隻が接近し、酪酸入りの瓶を投げ付け、乗組員2人が負傷。
           スクリューに縄を絡ませようとSSの高速ボートが接近しすぎて沈没、日新丸が活動家を救助。

2007/02/12  目視調査船「海幸丸」がSSの抗議船に衝突され、スクリューが破損。遭難信号を出す事態に。

2008/01/15  目視採集船「第2勇新丸」に対し、薬品(酪酸?)入りの瓶を投げ込んだり、スクリューにロープ
            を絡ませようとするなどの妨害行為。及び第2勇新丸に不法侵入。

2008/01/17  拘束した2人の身柄をオーストラリア政府の監視船に引き渡した直後、「第3勇新丸」に酪酸
            入りの瓶、約10個を投げ込む妨害行為。

2008/03/03  調査捕鯨船団母船「日新丸」に対しSSが酢酸入りの瓶や白い粉の入った袋、計100個以上を
           投げ込み、乗組員1人と海上保安官2人が負傷。外務副大臣がSSが船籍を置くオランダに抗議。
           SSが寄航したオーストラリアに経済局長が再発防止を求めるも、オーストラリア政府は無視。

2008/08/18  警視庁公安部は威力業務妨害容疑でSSのメンバー3人について逮捕状を取得、国際手配。

2008/12/26  目視専門船「海幸丸」にSSの抗議船が体当たり。また、15本以上の酪酸や薬品入りの瓶を
           投げ込むなど捕鯨妨害。

2009/01/06  行方不明の乗組員を捜索中の調査捕鯨船に無灯火で接近、捜索の申し出を断ると、約4時間
           に渡って行方不明者の捜索を妨害。日本側は音響兵器を使用。

2009/08/22  ブルーム市、反捕鯨団体の圧力を受け、太地町との姉妹都市関係を停止する議案を可決。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。